紫外線アレルギーに注意!?

  • 投稿日:
  • by

紫外線に当たると、目が充血をしたり、皮膚に湿疹が現れたりする「紫外線アレルギー」というものを知りました。
これは、太陽の光に含まれている紫外線が原因で、体の免疫機能に異常を起こしてしまう、というものだそうで、これには内因性と外因性の2つに大きくわけられるそうです。

内因性は、紫外線を浴びる量が、ある一定の量を超えてしまうと、アレルギーを起こすそうです。
そして外因性は、日焼け止め、または服用している薬などが紫外線によって反応を起こして、その結果アレルギーを起こすもののようです。

それから、あまり外に出ることがない人が、突然太陽の光に当たることでも、このアレルギーの症状が出る場合もあるみたいです。

アレルギーは、さまざまな物があることは知っていましたが、まさか紫外線が原因のアレルギーがあるとは、驚きでした。

私自身も、外出が少ないほうです。
今は、このアレルギーの症状は出ていませんが、注意が必要かもしれません。

最近は、晴れた日が多くて、紫外線の量も増えているんでしょうね。
紫外線対策をまったくしていなかった私は、今、かなりほくろが増えてしまいました。
若いころは、何も考えていなくて、まさか将来、こんなにほくろが増えるとは思ってもいなかったので、少し後悔しています。

参考URL:http://kurasinomamechisiki.com/2015/05/sigaisennaregic/