国の借金が過去最高の1053兆円に

  • 投稿日:
  • by

2014年度末の国の借金が、前年度末よりも、およそ28兆円も増えて、1053兆3572億円となったそうです。

国の借金といえば、私が思いつくのは国債くらいですが、これ以外にも、借入金や短期国債というのもあるようですね。

ただ、この「国の借金」という意味を、私自身がよく理解していません。
調べてみても、かなり難解で、政府はこの「国の借金」という意味を、国民に対してもっとわかりやすく説明する必要があるのでは?と思いました。

そもそも、国の借金という表現が間違っているらしくて、国の借金という言い方をすることで、消費増税を正当化している、という説もあるみたいです。

なんとなく、国民はうまくだまされているのかも、と最近は思ってしまうようになりました。

消費増税をしても、私たちにはそれが実際に何に使われているのか、ということも、あまり知られていない気がします。

今の消費税8%も、私にとって見ればかなりの負担です。
これ以上消費税率を上げるなら、きちんと何に使われているのかを、さらに知りたい気持ちが強まる、そんな気がしています。
参考URL:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6159289